リンクフリーです。 なんか描いたり消したり報告したり。15禁。
第二子入院レポ②
【入院②日目】


この日からシャワー解禁。朝食を済ませとっととさっぱりさせて沐浴へ連れていかれた次男を迎え討つ。が、やっぱり寝てる。
病室のドアが結構うるさくてギッコンバッタン人の出入りがあるたびに大きな音がするんだけどピクリともしない。なんだか心配になってくるな…

出勤前に見舞いに来ると言った旦那は長男が心細そうにしているから時間ギリギリまで近くに居てあげたいとかで来ないとメールが。
義母ひとりだけでは長男を見きれないというので義父も召喚されてるっぽい。お父さんは仕事、お母さんは入院中、慣れない人達に囲まれて健気に気を張っている息子の姿を想像して、あらためて無理を強いているんだなと実感する。ごめんよ。早く元気になるからなー;;

という母の涙もどこ吹く風、午後にまた見舞いに訪れた長男は病室では飽き足らず、おじいちゃんを従えて病棟の探検へ。
子供の逞しさを見た(笑)

そしてやっぱり騒がしくても起きない次男。こりゃ大物かねぇ

回診の際に次男の体重が減っているのでミルク足しましょうと言われる。
え、まだ生理的体重減少の範囲内じゃないのか。
経産婦とはいえ母乳もまだ本調子じゃないし、赤さんの哺乳力もまだ未熟、なのでミルクあげましょうミルク。らしい。
この病院やたらミルク推し。ご丁寧に病室にミルク一缶と哺乳瓶と消毒液、熱湯の一式が揃えてある。
第一子のときの病院は母乳オンリーで、母乳が足りてなさそうなときは糖水で補うという徹底ぶりだったので少し面食らう。乳幼児突然死症候群の予防には母乳が有効だと言うし、吸わせなければそもそも出る量も減ってしまう、産後の体に戻るのにも一役買っている、何より調乳が面倒ということで(ぇー)自分はほぼ完全に母乳育児だったし次男もそのつもりです。
ていうか調乳自体が数えるほどしかやったことないんで億劫です(なんだと)


この日はなんと6時間も起きずに寝続ける次男。オムツは替えるものの軽いしウンチも少ない印象。新生児ならこんなもんか?懸命に自分の中の記憶を検索してみるがやっぱり思い出せない。育児記録すらつけられない忙しさだったもんなぁ
そして夜はやはり寝ません。夕方から愚図り始めたので夕食は授乳しながら片手で食いました。
器用になったな自分。
しかし止まらない次男の猛攻。加えて痔が痛む。便意のたびにトイレへ入るが出ない。コレ陣痛じゃねえの、もう一人出てくるんじゃねえのっていうくらい痛い。痛み止めの座薬ばかりが出てしまい入れ直す。トイレから戻ると次男ぐずぐずというコンボ。眠るどころか横にすらなれない。

朝7時でやっと解放されました。やっぱり徹夜。昼寝は少しできたとはいえさすがにきつい。


おっぱいが多少なりとも張り始める。母乳が足りてなくて眠れないのかなー だとしたらこれで少し寝てくれるようになればいいんだけど…

などといった淡い期待すら翌日には裏切られる。



入院レポ3日目に続く。
スポンサーサイト
Posted by 菊水
comment:2   trackback:0
[しょぼ日記
comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/03/30 09:15 | | edit posted by
なるほど、院長が80歳いってそうなおじいちゃんだったので方針が古いのかと変に勘繰ってしまいました。
母乳育児も何年か先には見直されるかもしれませんしね。
偏見イクナイですね。
2014/03/30 14:15 | | edit posted by キク
comment posting














 

trackback URL
http://kikuwo.blog115.fc2.com/tb.php/408-897bb590
trackback